本文へスキップ

株式会社BraveridgeはBluetooth Low Energy 技術・電源開発技術を軸に、豊富な製品企画開発力を発揮し、日本国内生産で闘うODM/OEM企業です。


TEL. 092-834-5789

〒819-0373 福岡県福岡市西区周船寺3-27-2

製品開発事例Developed Products

Braveridgeが開発した事例集(公開できる分のみ)

弊社では、オリジナル製品の開発製造も行っております。
公開出来る物、出来ない物とありますが、公開出来る物は積極的にご紹介します。
弊社は「何でも屋」と自称してます。興味があれば何でもチャレンジします。なので、色んな変わった物も作ってます
恐らく、開発品種数では中小企業の中では群を抜いている筈です。
完成品はなかなか紹介できませんが、どの様な開発をしてるのか参考にして下さい。

◎今となっては懐かしいApple MFiの30pinコネクタ製品の生産風景です。この基板を使ったiPhone向け製品
 は累計200万台程生産しました。


◎これもオーディオ関連の商品です。懐かしのTHINE製チップで高音質を達成しました。


◎Apple MFi 30pinコネクタのハンダ付けの効率化、工場の工員さんのストレス改善・作業性の改善
 仕上がりの改善の為に『ロボットハンダ付け機』を購入しました。600万円程します。新品での購入ですw
 仕上がりはさすがで手ハンダ工程に比べて品質・仕上がりともに大幅改善します。


◎ハンドセット(受話器)のキーパッドのカスタム品です。こういう特殊なパーツも自社で設計してます。
 流石に、これを作れる日本の工場は残ってませんので、残念ながら中国のパーツメーカーでこの部品は生産します。
 ラバー成型後にレーザーで文字抜きし、その上にプラスティックパーツを一体成型します。とても複雑です。


◎ちょっと高機能な基板です。部品も高級品を多用してます。部品をよく見て下さい。中国製の電子部品は
 見当たりません。弊社の開発・製造品は機構パーツを除き、ほぼ日本調達です。
 一方、機構部品・電気機構部品は日本ではほぼ生産されてないか、産業機器向けの高級品しか手に入りません。
 コネクタ等も電気機構部品ですので、余り日本製は使えません。


◎これは、Felica機能(データ吐き出し側)を使った製品です。2009年頃の生産だったと記憶します。
 元々は生産のみのOEMの筈だったのですが、持ち込まれた無線回路の基板レイアウトが余りにも酷すぎた為、
 急遽、弊社でPCB基板レイアウト設計をやり直しました。


◎これは機器内蔵用のACDCアダプタ基板です。超小型に作るためにかなり苦労しました。
 なんと、私の基板レイアウトミスでリワークした配線が写ってしまってますw
 まあ、こういうこともあります。。。


 これはその時にカスタムで巻いたスイッチング電源用のカスタムトランスです。フライングリードタイプ
 という形になります。これで5v/1.5A位の仕様のACDC基板でした。


◎どこかで見た事のある方も居られるかと。。。。車内の12v/24vシガープラグで携帯・スマホを充電する電源です。
 一応、世界最小です。中の部品も信頼性の高いRICOH社製のICを使ってます。RICOHは弊社ではICメーカーですw
 これで、5v/1.2Aタイプ と 5v/2.1Aタイプがあります。実力はもっとでますが。。。
 この類いの設計はとても得意でして、設計もとても早いです。iPhone/iPad用ですね。
 ちゃーんと、温度試験もしております。


 この写真は、車載機器をテストする計測治具です。これはロードダンプ試験器と言います。
 車の12vラインにでる 高電圧を発生させ、設計したシガー電源が壊れないかをテストする物です。
 中国のメーカーや日本の輸入商社様はこう言うテストはちゃんとやってるんでしょうか???疑問w
 こういうテストが複数種あります。勿論、パスするように設計します。ここ数年はノウハウが溜まったので
 テストしなくても合格する事は解ってます。 


◎こういうのも作ってみました。試作品です。


 なんと、シガー電源の入り口がシャッターになってます。格好いい!w ABSの削り出しでプラスティック試作
 電気の試作まで完了して、後は金型作るかどうかなのですが、今のところ量産予定無しですw 勿体ない。。。
 プラスティックのコストと組立コストが高くなってしまうんですね。


◎これも弊社の黒歴史です。。。。iPhoneに鉄道系カードが入らないかと思い開発しました。
 これは金型まで作ったのに、量産しませんでした。。。。
 鉄道系カードが誤動作しない様に、iPhoneの面には特別なFelicaの電波を遮るシートまで貼ってます。
 ここまでしたのに量産出来なかったのには理由があります。薄く作るためにABSを肉薄にしすぎて、
 iPhoneケースがたわんでしまいます。対策を考えましたが最終的にギブアップしたという黒歴史です。


 たわんだ時の写真です。ん〜〜〜なんともみっともないです。もちろんたわんでる側(下側)は別の化粧版を貼る
 ので目立たないのですが、どうしても納得いかずDropです。残念。


◎これも黒歴史No2です。開発その物が廃案となってしまったので公開です。
 知る人ぞ知るバッテリーを充電するシステムです。充電電流40Aというとんでもない充電回路です。
 スマホ用のモバイルバッテリなのですが、なんと4分程でこの電池を満充電にしてしまいます。
 出張先で飲んだくれた翌朝にでも、タバコ1本分の時間でモバイルバッテリが充電できるという代物。
 当然、スマホも充電し忘れてる訳なので、とても良い企画でしたが、バッテリ自体がディスコンとなり
 全てが水の泡と。。。残念!これを設計したのは弊社の女性エンジニアです。


◎上の失敗に懲りずに、モバイルバッテリの充放電回路を開発中です。これはLi-Ionバッテリ向けです。
 これも急速充電仕様(モバイルバッテリを急速充電!スマホの充電時間はスマホ次第です)の基板です。
 てんこ盛りの仕様でして、急速充電(1時間程度)で満タンになります。今、設計変更中で、なんと
 必要の可否を問わずBLEを載せる予定です。バッテリの残量がスマホのAppで表示するとか。。。色々
 公開して良いんでしょうか。。。


◎これも急速充電機能のモバイルバッテリの開発です。弊社はPanasonic Mobile Energy社とパッカー契約してます。
 なので、弊社のLi-IonバッテリはPanasonic製のみを使います。とても優秀な電池です。
 急速充電仕様の特別な電池です。電動工具に使われているヘビーデューティ型電池です。
 容量が大きいだけの電池を使った製品をよく見ます。こういう電池は容量だけは大きいですが、放電設計に大問題
 を持ってます。電池の仕様を無視した設計が殆どなんです。
 寿命が短くなるのは当然なのですが、タブレットを充電してるときに猛烈に熱くなってませんでしょうか?
 これはとても危険な状態なんです。そして、6000mAh等と表示してますが、全ての電池エネルギー出せてません。
 そもそも悪い設計のまま販売されてます。
 その消えたエネルギーは何処に消えたんでしょうか?危ない危ない。。。私は使いたく無いですね。
 因みに、その安いモバイルバッテリーですがなぜ安いのか?中国ではPCの廃棄品から回収してモバイルバッテリー
 の電池に転用してるというのは信じられますか?私は実際に見たので知ってますが。。。


◎実は、こんな物も作ってます。これはiPad用の革ケースです。
 電子機器設計のメーカーなのに、こんな事もしてます。縫製も自社で行ってます。なんと工業用ミシンもあります。
 使用している革も国産の超高級品です。ブライドルレザーという革です。ご存じの方は高級品だと解ります。


◎これはiPhone用の革ケースです。そこそこ売れてます。
 これもブライドルレザーです。


◎こんなのも開発・製造してます。詳細はノーコメント。。。


◎最後は、私の趣味の開発・製造の1点物です。これも知る人ぞ知る製品です。
 真空管も乗ってます(私の趣味です)。これはオーディオ用のD/Aコンバータです。
 基本は自分で設計するのですが、これは有名な金田先生の設計した物をカスタマイズして作ってます。
 衝撃の音質です。これも知る人ぞ知る金田式DCアンプです。
 後ろに移ってる青い基板は不精者の私が基板化して横着した安定化電源基板です。これは空中配線が基本です。


◎ブレイブリッジの本社は元々倉庫であった建て屋の中に、オフィスを建築してます。
 東京や大阪では信じられない様な低家賃で借りてます。2階は将来オフィスにするつもりなのですが、
 従業員の癒やしの為に!従業員のストレス発散の為に!wこんなものを置いてます。
 どちらかというと、前日飲み過ぎた女性(?)社員が手前に映り込んでる青いベッドで寝ています。
 将来は全面オフィスにする予定です。


◎その反対側付近の物置スペース
 私の私物が山のように置いてあります。
 再度!セキュリティは万全です。契約しているセキュリティ会社の詰め所が弊社から1分の所にあります!